2016.09.21更新

30歳   女性

前述の諸症状を訴えて来所した
鍼とカイロプラクティックの基本治療を施した。

眼球突出についてはバセドー病から来ているものでは無く、本人が云うには先天的な形態と云われておりましたが、顔面針を施すと不思議にも突出は可成り軽減しておりました。この件についてはバセドー病に於ける眼球突出も同じで、同様の治療で良くなるケースが多々あります。

近視については顔面針によって可成り良くなったらしく、遠くがハッキリと見えると云っておられました。
上眼瞼も良く上がり、目が大きくなったと喜んでおられました。

手先足先の冷え性は、足指先を重点的に血行が良くなるように施術しました。血行が良くなって赤くなる迄押圧、擦過するのが基本です。瞬く間に血流が良くなり、足が軽くなり、足温が上がり気持ちよくなります。
以上の治療により全ての諸症状が改善致しました。

コメント
 開放性血管の滞留した血液をいかに動かすかが治療のポイントになるので、強制的に動かすとよい結果を得る事が出来ます。
 足先の血行が良くなれば身体全体が良くなるようです。
 眼球突出については、眼球の運動を司る眼球筋が弛緩していたものと推測しております。
 その事によって眼球自体も楕円形になり眼軸が長くなる為網膜上で焦点が合わないので近視になります。
 眼筋が正常な筋力を得る事により眼球突出が軽減し、眼軸が短くなって近視が良くなったものと思われます。
 顔面針を施した後、視力が向上するのはこの結果と思われます。


https://www.facebook.com/pages/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/365464170299134

投稿者: 神戸東洋医学センター

2016.09.13更新

47才   女性

前述の諸症状、諸病名を訴えて来所した
頭部振顫については15年前発症し、ここ1年半前より振えが酷くなってきたとの事でした。
左肩甲骨下部に激痛があり、夜 熟睡が出来ないとの事でした。
左目は重だるく、直視出来ない状態で中心性網膜症を罹患しているとの事でした。
治療は通常の鍼・カイロプラクティックの基本治療と顔面針を施した。

治療日数は
 平成28/2/13から8/16迄33日で、
現在も尚 施療継続中です。
 経過報告としては20回目位で頭部振顫は目立たないぐらいに改善してきました
 只、精神的に不安定になると振顫が起きやすいようです。
交感神経興奮と連動しているようなので、自律神経のバランスが整えば良いと思います。
他の諸症状は治療当初に改善しています。


 

https://www.facebook.com/pages/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/365464170299134

 

投稿者: 神戸東洋医学センター

2016.09.10更新

69才   男性

この記事は私事になりますが、
左足親指に爪水虫が出来て10年以上になります。
平成26年9月に玄米と塩程度の食事を3週間実行した時に左右両拇趾にあった爪水虫は消失してしまいました。
その後以前と同じような食生活をしていると、左拇趾のみに再発症してしまいました。右拇趾は再発していないので完治したと思います。
指荒れについては、10数年前より右手第4指(薬指)に肌荒れがあり、時には深い亀裂が2~3ヵ所に生じ血が滲み、爪は薄く凸凹に波打っておりました。
平成28年7月初旬より手足の指間部に7mm長の細い鍼を毎日施鍼していた処、爪水虫が殆ど治ってしまい、並行して他の足趾にあった水虫も消えてしまい難儀していた指の荒れも完全に治ってしまいました。
爪も綺麗に生え変わってきており時間の経過と共に良くなっていくと思います。
手足の痙攣については、5年程前左後頭部に酷い凝りが発症しそれと同時に耳鳴りが生じ、右手の握力も無くなり箸も持てない状態であった。四肢には痙攣がしょっちゅう起こっていました。
右手の握力は自然に回復し、正常になったが耳鳴りは少し小さくなったものの依然改善せず、痙攣もそのまま継続していましたが、
指間穴施鍼により痙攣と震えは殆ど無くなり、細かい字を書くのが楽になった。

コメント
指の間には指間穴といってツボがあります。
鍼灸医学的には五行穴の一つ栄穴といわれるものです。
この”穴 ”は自律神経の調整をしてくれるもので、指先にある井穴と併用して施術すると効果的であると思います。
12経絡全ての井穴、栄穴を施術する訳ですから12経絡全部の神経的な調整がなされる為、体の免疫力がupして爪水虫の原因である白癬菌が消滅したものと思われます。
薬剤で治したものでは無く免疫力という自己治癒力で治した事によるので、連鎖的に他の症状にまで波及効果があったようです。
私の場合毎日のように施鍼しましたが、毎日する必要はないと思います。
又、施鍼の変わりに温熱治療に変えても効果は同様と推測しております。

 

平成28年7月6日

爪水虫

 

平成28年8月14日

爪水虫

 

 平成28年8月29日

爪水虫

投稿者: 神戸東洋医学センター

2016.09.09更新

58才   男性

平成28年5月16日に前述の諸症状、諸病名を訴えて来所した
両膝痛については将来的には人工関節を考えているという事でした。

平成28年9月6日 2度目の治療に来られたので、以前の治療結果を聞くと、

一度の治療で倦怠感、両上肢の痺れ、両手の痺れは治ってしまったとの事で、

両膝痛については人工関節まで考えていたのに
もう全く痛まないので手術はしないとの事でした。
今日来所した理由は踵が痛いとの事で、治療としては鍼、カイロプラクティックの基本治療を施したが、踵骨痛は無くならなかったので、踵の後部にある女膝穴に温熱治療を施すと、瞬時にして痛みは無くなったとの事でした。



https://www.facebook.com/pages/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/365464170299134

投稿者: 神戸東洋医学センター

side_tel.png