2018.06.15更新

62才   女性

前述の諸症状等を訴えて来所した
逆流性食道炎は2.5ヶ月前より発症しており、前に屈むと吐き気をもよおして、口中は苦いとの事でした。
声も出にくく嗄れるとの事でした。
ドライアイ、腰痛症等々沢山の症状がありましたが、右肩凝りが酷いとの事で発症の原因は右首肩凝りから来ていると思われたので、基本的な鍼・カイロプラクティック治療を施した後、右頚部を緩めました。
その後マインドフルネスを懸けると瞑想状態に入ってゆき、覚醒すると諸症状は総て緩解したとの事でした。

☆ 総ての病気は脳で作られると云われているので、間脳の部分即ち、潜在意識の所のストレスが無くなれば体全体が良くなるという事になるのでしょう。

☆ ドライアイは顔面鍼を施すと即効があります

 


https://www.facebook.com/pages/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/365464170299134

投稿者: 神戸東洋医学センター

2018.06.15更新

51才   女性

前述の諸症状等を訴えて来所した
自律神経失調症については2ヶ月前より発症しているとの事でした。
鍼・カイロプラクティックの基本的な治療を施し、マインドフルネスを3回施した結果、総ての症状が改善したとの事でした。
マインドフルネスについては1回目より2回目、3回目と回数を重ねる度に深い瞑想状態に入ってゆきました。
瞑想状態を得る事により間脳にある自律神経の中枢が良くなったと思われます。


https://www.facebook.com/pages/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/365464170299134

投稿者: 神戸東洋医学センター

2018.06.15更新

42才   女性

前述の諸症状を訴えて来所した

ドライアイは顔面鍼を施すと即効性があり、その殆どが治療後良い結果を得る事が多くあります。
アレルギー性鼻炎も顔面鍼を施すと即効性があり、鼻づまりは即解消する事が多く見られます。
特に眉の内側と鼻の外側部に施鍼すると著効が見られます。
O脚は膝関節部の屈曲によって改善される事があります。
この患者さんの場合少し改善されました。
首、肩、背中の凝り、並びに腰痛症については当所の基本の鍼・カイロプラクティック治療で改善しました。
倦怠感・不眠症については心身症的な要因が多々含まれるので、マインドフルネスをして瞑想状態に誘導しました。2回繰り返して行うと体に爽快感が戻ってきたとの事でした。
最近は心身症的な患者さんが増えてきていると思うので、
マインドフルネスをして瞑想状態に誘導する事により潜在意識を解放する方法が求められるのではないでしょうか。

 

投稿者: 神戸東洋医学センター

2018.06.12更新

43才   女性

前述の病名を訴えて来所した
橋本病は15年前より発病しているとの事でした。
基本的な鍼治療に甲状腺周辺に散鍼を施し、カイロプラクティックと温熱治療で快癒しました。

平成23/8/26
     9/2.6,10,13,20,24
    10/11
    11/5,14

PS . 記載が今に至ったのは平成30年6月8日に当所を
訪れた際、報告を受けたからです。


https://www.facebook.com/pages/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/365464170299134

投稿者: 神戸東洋医学センター

2018.05.26更新

65才   男性

前述の症状を訴えて来所した。
4日程前に運動をしていて急に右腓腹筋内側部に激痛が走って以来歩行困難となってしまったとの事、跛行状態でした。
当院の基本的な鍼とカイロプラクティック治療を施した後、膀胱系
腰椎5番外側部に2寸5分の中国鍼を施して右足に響かせた。
右足膀胱系の委中に施鍼をしてつま先まで響きを与えたら、痛みは消失したとの事でした。患部には一切触れずに痛みが無くなった事を御報告します。
足関節の捻挫についても同様の事が良くあります。
又、何年間も痛みが消失しない後遺症にも効果覿面で、遠隔治療後痛みの消失をよく見る事があるので、捻挫の痛みの後遺症が残っている方は一度試してみては如何でしょうか。お薦めします。

PS.  肉離れとは運動中脚部の筋肉に突然激痛が走り運動不能と
なる状態。筋線維の一部が切れたものと考えられる。


https://www.facebook.com/pages/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/365464170299134

 

投稿者: 神戸東洋医学センター

2018.05.16更新

 48才  女性

前述の諸病名を訴えて来所した
基本の鍼、カイロプラクティック治療を施した。
ドライアイ、アレルギー性鼻炎については顔面鍼を施した。
橋本病については、医師より手術を薦められていたが、当院の治療に委ねてみた。
橋本病、バセドー病、甲状腺腫等々、甲状腺の病気については、病名に拘わらず甲状腺周辺に施鍼する事により激的効果を多く経験しているので、手術の前に試してみる価値は大であると思っています。
今回も3回の治療であったが手術の必要なしと診断され大変喜んでおられました。
   治療実回数は3回で、以下の通りです
   平成28年8/1、10、24
PS,  上記の様に色々な症状が発症しておりますが、

   これは首周りのトラブルで首の状態がよくなれば全て良くなるようです。

   以上の諸症状は全て緩解しました。

投稿者: 神戸東洋医学センター

2018.04.20更新

 59才   女性

前述の諸症状、諸病名を訴えて来所した
右偏頭痛は20年前から慢性化しており、右目については取り除きたい程の痛みがあり、痛みの場所は眼底部であるとの事、右顎関節症もあり、全部の諸症状は右側に偏在しておりました。

両膝関節痛と1年前左足首の捻挫が未だ治らないとの事でした。

基本の鍼治療とカイロプラクティック アジャストメントを行いました。
右目の眼痛については顔面鍼を施しました。この治療で色々な目の疾患が良くなる事があります。
両膝関節痛については腰部に鍼をして両膝に響かせました。
左足首の捻挫痛についてはピンポイントで患部に施鍼しました。
治療後全ての諸症状が無くなったとの事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 神戸東洋医学センター

2018.04.07更新

 

女性   37才

前述の諸症状を訴えて来所した
当方の通常の鍼治療とカイロプラクティック治療を施した。
全身の温熱治療も併用しました。
平成29/9/19. 10/3. 11/15の治療を施してそのままになっておりましたが、最近平成30年3月、ある場所で偶然お会いした時に聞いてみると、子宮頸部癌は治ってしまったと聞き、私自身狐につままれたような気がしました。たった数回の治療で治ってしまった事に!!
私の経験では、このような事が一度ありました。
マインドフルネスの講演会の席上でマインドフルネスをした後、その人の人相に大きな変化があったので、つい言ってしまった言葉が貴方の悪性リンパ腫ステージ3は3日以内に治ります・・・と。
翌日検査を受けた結果は異状無しでした。
1年経った今は完全に良くなり見違えるような容貌に変化しております。


https://www.youtube.com/channel/UCudgzKqNrL65jY-eiI9No6w

 

投稿者: 神戸東洋医学センター

2017.11.20更新

29才   女性

前述の諸症状等を訴えて来所した
一応の基本的な鍼、カイロプラクティック治療で諸症状は緩解したのですが、3回目の来院の時には、その日京都を訪れた際或る稲荷神社にお参りをしてから体がどっしりと重くなり倦怠感が襲ってきたとの事で、当所の基本治療で殆どの諸症状は取れたものの、未だ体の芯の所がスッキリしないというので、マインドフルネスを試みた処、のしかかっていた気怠さが雲散霧消してしまいました。
潜在意識(大脳辺縁系)の中に入り込んでいた負のエネルギーのバランスがとれて正常になったからだと思います。

<コメント>
上記のような現象の事を何かが憑依したとか、悪霊にとり憑かれたとか云っているのでしょうか?
私にはその辺の所がもう一つよく理解できませんが、マインドフルネスで良くなる人がおられるのも事実のようです。
何でもかんでも霊のせいにして霊能力で御祓いや祈祷をする人もいるやと聞きますが如何なものでしょうか。
マインドフルネスを実行して何物にも侵されない強靭な脳を作り上げましょう。


 

https://www.facebook.com/pages/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/365464170299134

投稿者: 神戸東洋医学センター

2017.11.20更新

88才   女性

前述の諸病名を訴えて来所した
糖尿病については A1C 10
腎臓病のクレアチニンは 1.8
貧血があり両下肢に浮腫がありました。
両足の浮腫は酷くパンパンにむくんでいました。
当院の基本的な鍼とカイロプラクティック治療を施した後、特に両足部については末梢血管の血液循環を良くする為に、オルゴン療法を用いました。オルゴン療法による末梢神経刺激と末梢血管刺激による施術は著効を顕し、治療が終わった頃には80%位腫れが引いておりました。
4日後再診に訪れた時には浮腫は殆ど無くなっておりました。
オルゴン療法の驚異的な効果に今更ながら驚いております。
初診当初、杖を突いて歩行困難でしたが、杖を突かずに楽に歩行しておられました。


https://www.facebook.com/pages/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/365464170299134

 

投稿者: 神戸東洋医学センター

前へ
side_tel.png