2019.03.22更新

第28回 マインドフルネス&質疑応答の会

平成31年3月21日
14:00~
於 全日本柔整師協会

上記のテーマで今回も熱意を以って語らさせて頂きました。聴講して下さる対象が如何にあれ一所懸命に語らさせて下さった事に感謝致します。
今回は聴講者の方が多方面に亘る角度から質問下さったので、一方的に私が喋るよりも会話的で、
私も非常に楽しく過ごす事が出来ました。冒頭に「熱意」という言葉が出て来ましたが、熱意とは『一途にそれに打ち込んでいる気持。熱心な気持ち。読んで字の如く熱い心。』という事になります。ふとタラントンの例え話を思い出しましたので少し書いてみます。
マタイ25.29.にあるもので、“持てる者はより与えられ、持たざる者は奪われる”という一章節です。
3人の召使が夫々に5タラントン、2タラントン、1タラントンのお金を主人から預かったのですが、主人の留守中に5タラントンを預かった者は10タラントンに、2タラントンを預かった者は4タラントンにして主人に返しましたが、1タラントンを預かった者はそのまま1タラントンを返したという話から、預かったお金を倍にした者には『お前は少しの物に忠実であったから多くの物を管理させよう』と主人と一緒に喜んでくれたが、1タラントンをそのまま返した者には『怠け者の悪い僕だ』と言って、その1タラントンを取り上げて、その1タラントンを10タラントンを持っている者に与えられた。誰でも持てる者は更に与えられて豊かになるが、持たざる者は持っている物まで取り上げられる、この役に立たない僕(召使)を暗闇の外へ追い出せ。そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。というように書いていますが、要するに何でもいいので少しの物を疎かにせず、それらをよりよく発展させよ、という事に解訳すれば良いと思います。
5タラントン、2タラントン、1タラントン、天から授かったものは違えども、それを自分の能力に応じて発展させた事に意義があります。倍の10に、又は4に、その開きは6タラントンですが、それには意味がありません。量の多寡には関係がなく、その努力した「熱意」が問われているのです。せっかくの器量が与えられて生まれてきた訳ですから、その器量に応じて人生を意味あるものとして生きて行きましょう。
天から預かった1タラントン(器量)を何もせずに1タラントンのまま天に返すような事をしてはなりません。1タラントンの器量、命を天から与えられたのですから、この財産を大いに活用して自己を研鑽してゆきましょう。何事にも「熱意が大事。」
以上綴り方教室でした!!

次回
日時  平成31年4月18日(第3木曜日) 14:00~(毎月第3木曜日定例)
場所  全日本柔整師協会
    神戸市中央区中山手通5-1-1 神戸山手大木ビル6F
会費  無料
どなたでも御参加頂けます。要予約。
  神戸東洋医学センター  
TEL 078―371-3203  FAX 078―371-1313

2019.01.05更新

第25回 マインドフルネス&質疑応答の会

平成30年12月20日
14:00~
於 全日本柔整師協会

上記のテーマで講座を開催させて頂きました。
今回は災難と法難(試練)について、そして愛、優しさ、仁、慈悲等々について時間を割かさせて頂きました。
災難を考える時、災難は善人悪人を問わず全ての人に平等に降り注いでくるものと思われます。恰も、太陽の光の様に雨の雫の様に、いい人にも悪い人にも善悪を問わず、平等に降り注がれます。おそらく神の目から見れば、人間のその時々の価値感、その時々の都合による善悪はどっちでも良いという事になるのでは、と自問自答しています。
いくら悟りを開いたお釈迦様にも、愛を説いたイエスにも災難としての、提婆達多や磔刑が降りかかりました。日蓮然り、親鸞然りです。
私は真面目に真っ直ぐに生きて来たのに、何故このような災難に巻き込まれるのか、神も仏もあるものかと、言って怒っている人を見かける事も少なからずあるのは、上記の法則によるものと思えば良いでしょう。しかし・・・、しかしですよ、
難に遭って難を批判していては難題は残ったままで、えらい目に遭っただけで、負の遺産しか残りません。そこを災難と捉えずに、法難として捉えれば、その難を克服してステップアップが図れるという事になります。
振り返ってみて、あの難があったから今があるという風に解釈出来るように努力しましょう。スランプは苦しいもの、ステップアップも苦痛を伴うもの、この苦難を乗り越えて大きな人間に成長するように神の計画があるのでしょう。時には愚痴の一つも言いたい時があろうとも、神の計画に逆らう事は出来ません。
災難を法難として捉えて一歩前進しましょう。
私達の生まれてきた理由は、こう考える事が出来ます。
人が生きるとは自然の法則に従って向上し、進化し、何かを創造する事と、誰かが言っておりましたが、正にその通りだと思います。
痛快だ!! 先ず痛い、苦しいが来てそれを乗り越えると快いがお待ちしてくれているので快を手に入れる迄、痛に耐えていきましょう。
改めて云います。“必ず、快が待っている”を信じて未来を切り拓いてゆきましょう。

次回
日時  平成31年1月17日(第3木曜日) 14:00~(毎月第3木曜日定例)
場所  全日本柔整師協会
    神戸市中央区中山手通5-1-1 神戸山手大木ビル6F
会費  無料
どなたでも御参加頂けます。要予約。
  神戸東洋医学センター  
      TEL 078―371-3203
  FAX 078―371-1313

2018.03.20更新

第17回 マインドフルネス &質疑応答の会
・・・どんな質問にもお答えします・・・

日時  4月19日(木) 2:00~
会費  無料
場所  全日本柔整師協会
    神戸市中央区中山手通5-1-1 神戸山手大木ビル 6F

https://loco.yahoo.co.jp/place/g-zYHA-FbKqBU/
講師  冨金原伸伍

※ 毎月 第3木曜日 2:00~開催致します

どなたでも御参加頂けます。要予約。

2018.03.20更新


第35回 料理教室             
第16回 マインドフルネス&質疑応答の会

・・・どんな質問にもお答えします・・・

日時  5月6日(日)  13:00~料理教室「けんちん汁」
            14:30~マインドフルネス・・・無料
場所  玄米カフェ春貴  神戸市中央区 三宮町 3-9-19 春貴ビル 2F
    TEL  078-334-0623

https://www.shunki.com/shunkitop.html#access

講師  冨金原伸伍
                                            
※次回  平成30年6月3日(日) 13:00~料理教室
                 14:30~マインドフルネス


 

どなたでも御参加頂けます。要予約。
          神戸東洋医学センター  TEL(078)371-3203
                      FAX(078)371-1313

2018.02.03更新

第 15回  マインドフルネス &質疑応答の会

・・・どんな質問にもお答えします・・・

日時  2月15日(木) 2:00~
会費  無料
場所  全日本柔整師協会 http://www5e.biglobe.ne.jp/~jyusei/

    神戸市中央区中山手通5-1-1 神戸山手大木ビル 6F
講師  冨金原伸伍

※ 毎月 第3木曜日 2:00~開催致します

どなたでも御参加頂けます。要予約。
神戸東洋医学センター  TEL(078)371-3203
            FAX(078)371-1313

2018.02.03更新

第32回 料理教室

第13回 マインドフルネス&質疑応答の会

・・・どんな質問にもお答えします・・・

日時  2月4日(日) 2:00~

会費  マインドフルネス  無料

場所  玄米カフェ春貴  https://www.shunki.com/cafe.html

    神戸市中央区三宮町3-9-19 春貴ビル

講師  冨金原伸伍

どなたでも御参加頂けます。要予約

神戸東洋医学センター TEL 078-371-3203

           FAX 078-371-1313


※ 次回 3月4日(日) 1:00~ 第33回 料理教室

            2:30~ 第14回 マインドフルネス&質疑応答の会

 

 

2017.05.19更新

5月15日 ほんまるラジオで放送されました

下記をクリックして下さい ↓

http://honmaru-radio.com/mayuken05/

side_tel.png