2014.08.27更新

結膜炎、
くま(隈)、染み(肝班)  69才   女性

前述の諸病名、諸症状を訴えて来所した

結膜炎(白目の充血)でかなり以前より真っ赤になっており、
両目の周辺は隈で黒くくすんでおりました。
かんぱん肝班(染み、褐色班)も多数出現しておりました。
治療法としては顔面に30本程の鍼を20分間程施しました。
その結果、結膜炎による充血は殆どなくなっており、
又、隈も減少しておりました。

考察  顔面鍼を施すと術後かなり高い確率で充血が緩解するのが    
     常であり、隈、染みも同様の経過をたどるようです。


院長ブログふーさんとの対話はこちらへ

http://www.kobetouyouigaku-center.com/blog/%E3%81%B5%E3%83%BC%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8%E3%81%AE%E5%AF%BE%E8%A9%B1/



投稿者: 神戸東洋医学センター

2014.08.27更新

後頭神経痛、頸痛
肩痛、アレルギー性鼻炎     女性    36才

前述の諸病名、諸症状を訴えて来所した

20年前より肩凝りが酷く最近は後頭神経痛で後頭部から
後頭骨上部にかけて非常に痛みが走るとの事でした。
当所の通常の治療として頚部から仙骨部に至る迄の
脊柱傍に沿って(太陽膀胱経)針を施した。
カイロプラクティックについては上部頚椎にホールインワンテクニックを施しました。
アレルギー性鼻炎については顔面鍼をしました。
結果としては、殆どの諸症状は緩解したものの頚部に若干の痛みがあるというので、
肩井と胆経、心経、三焦経の三経の交わる所に鍼をしました。
これも良く効いたとの事でしたが、未だもう少し残っているというので
両足の小指、至陰に針をすると100%今迄の痛みはなくなったとの事でした。
患者さん本人、あまりの嬉しさに思わず落涙されておりました。
治療家冥利に尽きる一瞬でありました。


院長ブログふーさんとの対話はこちらへ

http://www.kobetouyouigaku-center.com/blog/%E3%81%B5%E3%83%BC%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8%E3%81%AE%E5%AF%BE%E8%A9%B1/




投稿者: 神戸東洋医学センター

2014.08.27更新

視野狭窄症、緑内障
眼精疲労、腰痛
膝関節痛、首痛       女性     55才

前述の諸病名、諸症状を訴えて来所した

緑内障の疑いがあるとの事で視野狭窄症を伴なっていました。
右目については右側上部が暗く視野狭窄があり、
左目については左側下部が暗く視野狭窄があり、眼球の動きも悪いとの事でした。
腰部から両膝関節にかけて痛みがあるとの事でした。
治療としては、上部頚椎の矯正と腰部への鍼を施し両膝へ響かせた。
視野狭窄、緑内障、眼精疲労については顔面に鍼を施し20分ほど置鍼した。
6回施術をした結果、視野狭窄を始め他の諸症状は緩解致しました。

実治療日数は6日で以下の通りでした。

平成26/7/19、22、26、30、8/2、9



院長ブログふーさんとの対話はこちらへ
http://www.kobetouyouigaku-center.com/blog/%E3%81%B5%E3%83%BC%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8%E3%81%AE%E5%AF%BE%E8%A9%B1/


投稿者: 神戸東洋医学センター

side_tel.png