2018.06.30更新

アンギオエデマ(angioedema)
エオジノフィディア
下肢痛
手根部痛
手掌部痛
呼吸不全
ぜん息

 41才   女性

前述の諸症状、諸病名等を訴えて来所した
アンギオエデマ(angioedema)とは血管性浮腫で皮下組織に見られる腫れで、顔や口腔に現れる事がある云々・・・。
この患者さんはエオジノフィディア(白血球中の好酸球増加症)を伴うアンギオエデマが発症している。何とも難しい病名を付けられたものと一瞬感心した次第ですが、当の本人にとってはこの病名を聞いただけで大変不安感を抱いた事と心中を察する事大であります。
血流不全により膝から踝に至るまでの間に激痛が走り、毎日御主人に足のマッサージをして貰ってからようやく動く事が出来る状態との事でした。
当所の鍼・カイロプラクティック基本治療を施してからオルゴン療法をしました。
この療法は血液を強制的に動かすもので、排水口の詰まりをゴム吸引器で力ずくで排水させるようなものと思えば良いでしょう。20分もすれば血液の流れがスムースになって足部がポカポカと温かくなってきます。
上記のアンギオエデマ(angioedema)については15年間に亘り苦痛を強いられていたとの事です。
当所の治療は3回で前述の諸症状等は全部緩解したと報告を受けました。
  計3回施術
    平成29/10/25、27
    〃 29/11/29

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 神戸東洋医学センター

side_tel.png