2019.05.21更新

第82期生 冨金原カイロプラクティック学院講習会

令和元年5月19日

10:00~17:00

於 全日本柔整師協会
 
今回は頸椎カーブについて講義をさせて頂きました。
頸椎カーブは半径17㎝の湾曲を描いているのが正常とされています。
良く云われるのがストレートネックとかミリタリーネックがあります。
湾曲の少ないものを云い、人によっては全く湾曲が無く真直ぐな人もいます。Poker Spine(火かき棒のような背骨)とも云われております。 又、George’s Lineで正常か異常かを見極めます。
各頸椎々体底辺に平衡線を引くと、正常であれば7つの頸椎に引いた線が頸椎後部において一点に集まります(converge)。もし、頸椎に異常な不整列があれば焦点を結ぶ事が出来ません。
Dr. Pierceによれば頸椎カーブを為すのは7つの頸椎のみならず、+2として胸椎1.2.番を付け加えて頸椎カーブと為すとしています。そうすると9椎をもって頚部のカーブとなり、其の中心となるのが頸椎5番(C5) となります
むち打ち症になるとC5 を中心に不整列が起こるのは良く云われています。
又、Physiological Stress line がC5を通過するのでやはりC5にStressが掛かりやすいと云っても過言ではないでしょう。
そこで、Dr. クレーレンス リーバーの云うC5 のAdjustmentの仕方を勉強しました。


次回は  令和元年6月16日 (第3日曜日)  10:00~17:00
     場所  全日本柔整師協会

第83期生 募集中  
令和元年8月18日(日曜日)開講
常時 受講可
常時 見学可
御気軽にお問い合せ下さい。
冨金原カイロプラクティック学院 
TEL 078-0371-3203  FAX 078-371-1313

side_tel.png