2011.03.19更新

自然淘汰

私の菜園では何故農薬を撒かないかというのは、
自然のありようにまかせるということです。

そこでは必ず自然淘汰が起こります。
淘汰されるべきものまで得ようとするところに間違いがあるのです。

この苛酷な自然環境の中で生き抜いてきたという事が大事なことなのです。
それらを我々の食として戴くのです。

感謝をして、そうすると有難くて一粒一葉の食物も
疎かには出来ないはずですが如何でしょうか。

では自然淘汰されていく野菜達、
又生き抜いていく野菜達を少し観察してみましょう。

そのドラマは種を蒔いた時から始まります。

すぐに発芽するもの、しないもの、1日、2日、3日、
或いはそれ以上遅れて発芽してくるもの、
発芽後早く元気に成長していくもの、
又せっかく発芽してもなかなか成育しないもの、
まあそれぞれさまざまなドラマが展開されていきます。

ある程度大きくなってきても急にダメになるものもあります。
後発組であっても徐々に追い上げてくるものもあります。

又途中で丸虫のような虫に喰い荒らされたりするものもあります。
又腐敗菌によって腐って朽ちていくものもあります。

しかしそれらのものと隣接していても全く意に介せず、
虫にも喰われず、ばい菌にも侵されず、
悠々と大きく逞しく育っていく野菜がそこにはあります。

この生存競争に勝ち抜いてきた野菜こそが、
我々の血となり肉となる野菜ではなかろうかと思います。

このような食品を口にする限り、その人は身心共に強靭な健康体を
維持することが出来るのではないでしょうか。

現在の日本を見渡す限り半健康体の人が多いのは、
食のありようが可成り間違っているからではないでしょうか。

医食同源というように、食即ち医という思考をもって
これからの日本を考えるべきであると思います。

最近の私は野菜ではなく薬草であるとさえ思えてくるのです。



難病諸病、かかって来い!!  治療実績報告閲覧はこちらへ
http://www.kobetouyouigaku-center.com/menu07/

2011.03.18更新

農薬について

我が家の野菜作りに農薬を使用する事はありません。

何故農薬が必要かというと、
見てくれのよい野菜を出来るだけ多く
収穫したいという願いからきているのです。

私の野菜作りについてはどのように表現したらよいのでしょうか、
放置栽培、放任栽培とでも云っておきましょうか、
種を蒔いたあとは収穫あるのみで
水やりをしたり農薬を撒いたりと
お金と手間暇をかけないので非常に樂です。

この理屈は簡単です。
自然界を見渡すとよくわかります。

山をみて下さい。
山には多くの草木が元気に繁茂しております。
人手を一切かけずに水も肥料も農薬も無しに
大きく逞しく病気にもかからず元気に育っております。

自然の山野をみれば
いかにバランスよく調和しながら生育している事か、
人間の知恵の浅はかなさを悟らざるをえません。



難病諸病、かかって来い!!  治療実績報告閲覧はこちらへ
http://www.kobetouyouigaku-center.com/menu07/

2011.03.16更新

化学肥料についてですが
化学肥料を使用すると野菜の細胞1つ1つが水分を
多量に吸い込んで大きくなり
水分含有量が大きくなるといわれています。

水分を多く含んだ野菜ということになりますので
含有成分は貧弱になります。

ビタミンCの含有率等は昔の野菜の10分の1以下と
いわれるゆえんはここにあるとおもわれます。

厚生労働省は1日400g以上の野菜を摂取するようにと推奨しているようですが、
もしこれが私の作る野菜であるとしたらどのようになるのでしょうか。

毎日40g程度の摂取量でよいという事になります。

水脹れになった野菜は日持ちも悪くすぐに萎れてしまいますが、
私の菜園の野菜は数日置いておいても
水に放つとピシッとして元気一杯になります。

確かに化学肥料で育てた野菜は大きくて見栄えも大へん良いのですが、
その実はひ弱で内容成分が乏しいのです。

そのような訳で我が家の野菜に水をやるのは、
種を蒔いて発芽を促し数センチメートルに育つ迄で、
それ以後は殆んど水やりをすることはなく、
あとは天水なり夜露にまかせるばかりです。



難病諸病、かかって来い!!  治療実績報告閲覧はこちらへ
http://www.kobetouyouigaku-center.com/menu07/

2011.03.15更新

神戸市中央区山本通にある我が家の野菜畑の事ですが、
この土地は何か不思議な神縁があって入手したもので
もうかれこれ5年程になります。
入手までのいきさつは又の機会があれば書きたいと思います。

今日はこのような都会のド真ん中でどのような野菜が
出来るのか皆さんにお伝えしようかと思います。

野菜は季節々に応じて一般的なものを常時20種類ぐらい作っております。
腐葉土いっぱいすき込んだフワフワの土作りから始めました。
肥料は友人から頂いた食品廃棄物を発酵させた有機肥料を使っております。
化学肥料は一切使用しておりません。
では有機肥料だから化学肥料に優り、すべて良いのかというとそうではないようです。

では少し肥料について書いてみましょう。
有機肥料は全て善という考え方には少し気をつけた方がよいと思います。
なぜなら何でもそうであるように過ぎたるは及ばざるが如しという諺の通りで
有機肥料も過ぎると肥料から吸収されるチッソ成分は葉脈の中にとどまり
硝酸態チッソとして残留し、これが野菜の苦み成分として存在します。
野菜が美味しくないのはこの成分の為で人間の体には有害物質として働きます。
化学肥料であれ有機肥料であれ硝酸態チッソが残留しない程度に使用しなければなりません。

子供の野菜嫌いは野菜嫌いではなく実はこの有害成分である硝酸態チッソを
忌避しているのだといえます。

子供の体は非常に敏感なので防衛反応としてこのような野菜を遠ざけようとしているのです。

それが証拠に私の菜園で取れた野菜はどなたにも受け入れられ嬉ばれます。

今迄トマト春菊あるいはホウレン草等食する事が出来なかったという人が
美味しいといってムシャムシャと食べるのは
野菜に悪い成分が含まれていない結果という事になります。

本当の野菜は兎に角甘く感じるのが特徴です。
野菜そのものが美味しいのでポン酢とかドレッシングとかは全く必要ないのです。
そのようなものを使うと野菜そのものの味がそこなわれるのでかえってまずくなります。
素材そのものの味が一番美味しいのです。

この間収穫した大根など生でバリバリ食べるとフルーティーなことこの上なしでした。
居酒屋 飲deへ持っていってお客さんに食べてもらったのですが、
みんな信じられないという顔をして美味しそうに食べておられました。



難病諸病、かかって来い!!  治療実績報告閲覧はこちらへ
http://www.kobetouyouigaku-center.com/menu07/

2011.03.11更新

そうこうしている間に一人また一人と助っ人があらわれ
遅々として進まなかった蛍川も勢いを益して前進し
今や5m手前まで出来てしまっております。

50mに及ぶ川の内45mが出来てしまったという事になります。
やれば出来るという証明が又一つされました。
生田さんの池の浄化から始まり2つ目の快挙という事になりましょうか。

そうこうしているうちに又一人の助っ人があらわれました。
奥須磨で実際に蛍を飛ばしトンボを飛ばしている方です。
生田の森、蛍川を視察に来てくれました。

又、平成23年2月23日こんどは有馬小学校の校長先生が視察に来られました。
この学校では蛍の幼虫を育てて川に放しているとか。
もう10年以上も前から、この事業をしているとかで
心強い味方が現れて我々を励ましてくれています。

今年にも蛍が飛んで神戸市民の方々に喜んでいただけたらなあ~と夢を見ています。



難病諸病、かかって来い!!  治療実績報告閲覧はこちらへ
http://www.kobetouyouigaku-center.com/menu07/

2011.03.09更新

話はそれますが、大阪にある住吉大社は創建1800年事業の一環として
蛍を飛ばす計画があるそうですが、
その予算額は驚く事なかれ3000万円というから
桁はずれもよいところである。

そんなこんなことで、ずぶの素人が経験も何もないのに、
よく踏み切ったものと今振り返ってみれば冷や汗もんです。

しかし計画を一歩進めると 
天は自らを助すくるものを助くとあるように、
天祐神助、生田の大神様が動いたのか、
小畑修作さんという神戸一と名高い釣の名人が
唐突に申し出てくれたのです。
蛍川を私に作らせて下さいと!!
 
それからというもの来る日も来る日も
暇さえあれば生田の森に出向き
粘土をこねては川を作っていくのです。

夏の日は蚊に刺されたり
蟻にくわれたりしながら悪戦苦闘の日々が続きました。



難病諸病、かかって来い!!  治療実績報告閲覧はこちらへ
http://www.kobetouyouigaku-center.com/menu07/

2011.03.08更新


昨年、平成22年3月20日、生田の森を守る市民の会を結成した。

20項目にも及ぶ提案がありました。

その中の1つが生田の森に蛍を飛ばそうでした。
この発想、奇想天外、いったいどのようにと思われるでしょう。
しごく当然の事と思いますが
兎に角見切り発車 ALL RIGHTで発車してしまいました。

まずは生田の森に50mに及ぶ蛍川を作る事から始め、
昨年の8月頃から作業が始まりました。

当初、ある有名な建築会社におおよその見積をしてもらったのですが、
その見積額はなんと1000万円。

蛍が飛ぶか飛ばないかは90%の確率ですとのことであったので、
その案は一応置いておいて
私が一案ひとひねり捻ってはじき出したのは見積額30万円で、
なんと97% OFFでした。

神社側から快諾を得る事が出来たので作業開始です。



難病諸病、かかって来い!!  治療実績報告閲覧はこちらへ
http://www.kobetouyouigaku-center.com/menu07/

2011.03.07更新

⑦ 御神饌用の小さな田、畑を作る
⑧ 蛍について調査すること
⑨ 鴛鴦、鯉等の誘致について
⑩ National trust の発想をしてみる
⑪ この事業を市民に広く知らしめる事及び援護者を募ること
⑫ 池周辺のフェンスを取り除くこと
⑬ 会館の積極的活用と運営について考える
⑭ 池の張り出し舞台の活用を考える

以上の提案の中で現在既に完了しているのが ⑤ ⑧ ⑨ ⑫ である

⑤ 外部から池が見えるようにするについては現在の処、
   神社境内から見通しが良くなり
   池全体が見渡せる事が出来るようになった
⑧ 蛍について調査することについては現在、
   森の中に50mに及ぶ蛍川を作成中であり
   目下の処10m余の川が完成しております。
   遅々とした工事ですが少しずつ前進しております
⑨ 鴛鴦、鯉等の誘致については、鴛鴦、ひと番と鴨6羽、錦鯉10匹程 神戸花鳥園
   より提供を受け現在これらの鳥、鯉は優雅に泳いでおります 
⑫ 池周辺のフェンスを取り除くことにつては、フェンス、鉄条網等きれいに撤去されて、
   おります

以上のように少しずつではありますが皆さんの御尽力により
池周辺整備がなされてきております事
本当に嬉しく思うと同時に、
生田神社の益々の御発展を祈念して結びと致します。



難病諸病、かかって来い!!  治療実績報告閲覧はこちらへ
http://www.kobetouyouigaku-center.com/menu07/

2011.03.05更新

又、今後の展望として多くのアイデアが出されました。

① 生田の森に堆積する落ち葉を腐葉土化して販売する。
   「家庭にも生田の森を」をキャッチコピーとして利用し
   生田神社と家庭を結ぶ試みを企てる

② 床几、赤毛氈等を池周辺に用意する

③ 茶室の有効利用を考える

④ 本当の森らしい森を作る

⑤ 外部から池が見えるように工夫する

⑥ 春夏秋冬四季折々の季節の発信基地とする
   春・・・・軽鴨の鶵
   夏・・・・早乙女による御田植祭、蛍を楽しむ夕べ
   秋・・・・鈴虫
   冬・・・・???



難病諸病、かかって来い!!  治療実績報告閲覧はこちらへ
http://www.kobetouyouigaku-center.com/menu07/

2011.03.04更新

氏は既に平成22年3月18日より池周辺整備に入っており
平成22年5月末迄には一応の事は完了するとの事、
仕事の早さには非常に驚きました。

山本氏の理想とする生田の池は「池泉回遊式庭園」である旨 
胸中を吐露されました。

この庭園様式は中心に池を設けその周辺を巡りながら観賞する
江戸時代の代表的庭園形式であり、
桂離宮、金沢兼六園、岡山後楽園等がそれである。

生田の池も規模こそ小さいがそれに充分見合うだけの
庭園造りが可能であるとの御意見を伺い、
我々一同大いに気を良くしました。



難病諸病、かかって来い!!  治療実績報告閲覧はこちらへ
http://www.kobetouyouigaku-center.com/menu07/
前へ
side_tel.png